カテゴリー別アーカイブ: 犬の健康と管理

ノミダニにはフロントラインを使おう

山や川などで犬と遊ぶのはいいのですがフロントラインなどをしっかり使いましょう、山や川などはダ二が多く、家のダ二とは違ういろんな病気を持っている場合もあります。
また同じダ二の種類でも住む場所によって病気が違う場合があります。
犬はダ二やノミから病気をうつされることが多いのでその辺注意が必要です。
自分も以前川に犬を連れて行った際に大量のダ二がついていたことがあります。
意外とダ二はすばしっこいというかすぐに犬のニオイを嗅ぎつけて犬の体にくっついてしまうそうです。
フロントラインはいろんなタイプがあるのですが、基本的には犬の首の付け根につけることでその成分が体に一旦入り、体の中からダ二やノミが嫌がる成分を出すのです。
フロントラインで勘違いされやすいのですが、薬の成分がノミダニに刺されても大丈夫というのではなく、あくまでノミやダニを寄せ付けないということが正しいようです。
ですのでフロントラインを使っているから病気にならないというのは間違いなのです。
犬や猫用のフロントラインが通販などで最近は販売されてる(輸入代行)ようですが、基本的には自分の判断で購入するのではなく最初は犬の体質やアレルギーなど犬の反応を獣医などに相談してから使用しましょう。
一部ですがフロントラインなどのノミダニ駆除薬を使用したことにより犬や猫の死亡例も報告されています。
せっかく犬のために使用したのにこんなことになってしまっては元も子もありませんよね。
犬も猫も大事な家族ですのでまずは獣医にしっかり診察してもらってからその後格安の通販などで購入するのがいいかと思います。
犬や猫の健康を考えるとホントにお金はかかりますがそれでも大事にして相手からもされるという良い関係を築くことができるといいですね。

 

フロントラインの通販はこちらも

犬のフィラリアは厄介な病気

 

犬の病気で一番やっかいともいえるのがフィラリアです、フィラリアはフィラリア寄生虫によって引き起こされる病気であり一度フィラリアに寄生されるとそれを取り除くのはかなり厄介ともいえます。
この病気は蚊を媒介として寄生虫が犬の体内に入ることで引き起こされるのですが、心臓や内臓に寄生虫が入り、かなり犬としては苦しむ病気です。
寄生虫は駆除することもできるのですが、その死骸が体内で腐ったり、血管につまることで別の病気を引き起こします、
しかも心臓付近など重要な臓器の近くに寄生するので相当厄介なのです。
フィラリアにかかるとその度合いによって薬の種類が違ったりしますし、フィラリア予防薬も必要です。
またノミダ二などから様々な病気をうつされた際にフィラリアにかかった犬は抵抗力が弱くすぐに死んでしまったり、重篤となる場合もあるのです。
フィラリアはまずは予防をすることが重要なのですが、意外にもこのフィラリア薬をけちって使わなかったりする飼い主も多いとか、
個人的には狂犬病よりもよっぽど義務化すべきだと思うんですけどね。
こういう飼い主に限ってうちの犬は大丈夫だとかいう人が多いのですがこういう人は飼い主の資格はないと思います、犬は基本的に人間が管理されて生きてるので人間側がそんないい加減では困るんですけどね。
犬をどうしても飼いたいという場合はこれらのフィラリア予防はしっかりすべきであると思います。
また犬を飼う前にフィラリアにかかっている場合もあります、この場合は医療費もそれなりにかかるのでその辺理解した上で飼ってあげましょう。
犬も人間のことをしっかり見つめてくれているのでその期待に応えるようにしてあげたいですね。
とにかくフィラリアは危険な病気ですので今フィラリアがないといってもいつなるかわかりません。
基本的には人間に寄生しませんし、薬で予防できますのでしっかり管理してあげる必要があります。

 

犬が病気になると医療費が想像以上に高い

犬の医療費は実は獣医側が勝手に決めていいという決まりがあるのでそのケースや病院によっても様々です。
私の知り合いの犬は病気になった際に数十万のお金がかかったそうですし、ボールの誤飲事故などの場合はお腹を切らないといけないので、それでも
同じくらいの手術費用が発生します。
特に子犬の時はいろんな怪我や上記の誤飲事故なんかが増えるので注意が必要です。
また犬種によっても事故や怪我が多いというケースもあります。
誤飲事故で多いのはゴールデンレトリバーです、ゴールデンはどうしても食欲が旺盛なのでなんでも食べてしまうからです。
こういう意味でも前述のしつけが大事ということですね。
またグレートデンなんかは大型犬の中でも超大型犬ですが、これも病気にかかりやすく寿命が短いのも特徴です。
また我が家で飼っているシェパードなんかは足腰が弱く年をとってから介護も必要になります。
ドーベルマンピンシャーなどの犬の場合はその体格から腸ねん転や胃捻転になりやすいので食後の運動は禁物です。
このように犬の種類によってさまざまな病気や事故の危険性があるので犬の特性をしっかり覚えてこのような事故、病気などに備えましょう。
また最近は犬の保険もかなり充実してきましたので犬の保険に入っておくと経済的にも負担が少なくなります。
私の知り合いも犬の保険に入ってたおかげで手術費用がだいぶ相殺できたと言ってました。
ただし犬の保険会社によっては一度の支払いだけであとは高い保険料を請求する悪質な保険会社もあるので犬の保険などは口コミなどをしっかり見ながら選ぶことが大事です。
保険会社が大きいからと安心してはいけません、他の飼い主さんで犬の保険に加入してその後どうなったかなどをしっかり調べて犬の保険に加入することをおすすめします。

犬の場合注意したいのは高齢による歯周病、歯が抜けるとそれだけで食事をとらなくなり一気に老化します。

犬は歯磨きしないので結構放置してる人が多いのですが犬の口臭についてはかなり慎重に見ておくべきです。

犬 口臭

犬のしつけは飼い主の義務

犬を飼ってる場合に感じるのですが、犬もやはり家族としてしっかり育てていくことが必要だという事です。
犬をかわいがるだけではなくしっかりしつけしないといけません、犬は人間と決定的に違うのが犬はまだまだ人権がないことです。
犬は法律上モノとして扱われます、動物愛護法ができましたがまだまだあんなのは罪も軽く犬や猫といった動物が大事にされてるとは思えません。
だから家族がしっかり見守る、大事に育てることが大事なのです。
よく言われますが文字通り犬は家族であって一緒に家族も育っていくことが大事ですね。
犬の場合は人間とのコミュニケーションが難しいという人もいるのですが、もちろん言葉が通じないのでそれはあるかもしれません。
しかし、犬は人間が怒るということも笑うということも悲しいということもすべてわかるのです。
犬には人間が悲しいときに慰めてくれる性質もあるのです。
偉大な生き物であるし人類が石器時代から犬は低調に埋葬されていたそうですが、まさにその意味もわかります。
犬は家族であり、人間がしっかり育てることでより賢く、人間のために生きてくれます。
自分の家も犬を何匹か飼ってきましたがみな家族のために一生懸命生きてくれました、自分のこころの癒しでもあり人間が持ってない独自の性質もあります。
またこれらの犬をしっかり育てるという意味ではしつけなどもちゃんとしないといけません。
しつけなんてと思われる方もいるかもしれませんが犬を守る、家族を大事にするという意味でもしつけは大事なのです。
最近は犬のしつけ教室も増えてきましたが、それだけではなく家にいるときは犬のしつけDVDなどでしっかり犬をしつけしてあげましょう。
家族として犬を迎え入れるということは人間側もそれ相応のことをしないといけないのです。