犬のフィラリアは厄介な病気

 

犬の病気で一番やっかいともいえるのがフィラリアです、フィラリアはフィラリア寄生虫によって引き起こされる病気であり一度フィラリアに寄生されるとそれを取り除くのはかなり厄介ともいえます。
この病気は蚊を媒介として寄生虫が犬の体内に入ることで引き起こされるのですが、心臓や内臓に寄生虫が入り、かなり犬としては苦しむ病気です。
寄生虫は駆除することもできるのですが、その死骸が体内で腐ったり、血管につまることで別の病気を引き起こします、
しかも心臓付近など重要な臓器の近くに寄生するので相当厄介なのです。
フィラリアにかかるとその度合いによって薬の種類が違ったりしますし、フィラリア予防薬も必要です。
またノミダ二などから様々な病気をうつされた際にフィラリアにかかった犬は抵抗力が弱くすぐに死んでしまったり、重篤となる場合もあるのです。
フィラリアはまずは予防をすることが重要なのですが、意外にもこのフィラリア薬をけちって使わなかったりする飼い主も多いとか、
個人的には狂犬病よりもよっぽど義務化すべきだと思うんですけどね。
こういう飼い主に限ってうちの犬は大丈夫だとかいう人が多いのですがこういう人は飼い主の資格はないと思います、犬は基本的に人間が管理されて生きてるので人間側がそんないい加減では困るんですけどね。
犬をどうしても飼いたいという場合はこれらのフィラリア予防はしっかりすべきであると思います。
また犬を飼う前にフィラリアにかかっている場合もあります、この場合は医療費もそれなりにかかるのでその辺理解した上で飼ってあげましょう。
犬も人間のことをしっかり見つめてくれているのでその期待に応えるようにしてあげたいですね。
とにかくフィラリアは危険な病気ですので今フィラリアがないといってもいつなるかわかりません。
基本的には人間に寄生しませんし、薬で予防できますのでしっかり管理してあげる必要があります。