犬のしつけは飼い主の義務

犬を飼ってる場合に感じるのですが、犬もやはり家族としてしっかり育てていくことが必要だという事です。
犬をかわいがるだけではなくしっかりしつけしないといけません、犬は人間と決定的に違うのが犬はまだまだ人権がないことです。
犬は法律上モノとして扱われます、動物愛護法ができましたがまだまだあんなのは罪も軽く犬や猫といった動物が大事にされてるとは思えません。
だから家族がしっかり見守る、大事に育てることが大事なのです。
よく言われますが文字通り犬は家族であって一緒に家族も育っていくことが大事ですね。
犬の場合は人間とのコミュニケーションが難しいという人もいるのですが、もちろん言葉が通じないのでそれはあるかもしれません。
しかし、犬は人間が怒るということも笑うということも悲しいということもすべてわかるのです。
犬には人間が悲しいときに慰めてくれる性質もあるのです。
偉大な生き物であるし人類が石器時代から犬は低調に埋葬されていたそうですが、まさにその意味もわかります。
犬は家族であり、人間がしっかり育てることでより賢く、人間のために生きてくれます。
自分の家も犬を何匹か飼ってきましたがみな家族のために一生懸命生きてくれました、自分のこころの癒しでもあり人間が持ってない独自の性質もあります。
またこれらの犬をしっかり育てるという意味ではしつけなどもちゃんとしないといけません。
しつけなんてと思われる方もいるかもしれませんが犬を守る、家族を大事にするという意味でもしつけは大事なのです。
最近は犬のしつけ教室も増えてきましたが、それだけではなく家にいるときは犬のしつけDVDなどでしっかり犬をしつけしてあげましょう。
家族として犬を迎え入れるということは人間側もそれ相応のことをしないといけないのです。